くみあいサンMARKⅢ

日々の撮り鉄、ガンプラ、画とかやってます。

カテゴリ: ぐるっと四国2020

皆様こんにちは。連休も今日でおしまいです。こ~んなぐだぐだに休んじゃって明日から働けるのでしょうか~(T_T)。

今日は四国の最終回です。

CIMG3456
26Mは岡山に向ってひた走ります。新居浜に近づくと、予讃線の下をくぐって山の方に向かう一本道の様な物が見えますが、これは遠くに見える赤石山系にあった別子銅山から伸びていた鉱山鉄道の廃線跡です。暗くてうまく撮影できるか、と言うか見つけられるかと言うレベルだったんですが(笑)無事撮影できました。
以前見た時はまだ架線柱も残っていたんですが今は無いですね。周辺も家がすごく増えて景色がだいぶ変わってます。

CIMG3458
18時半に宇多津に到着し、ここで26Mは高松行1026Mいしづち26号を切り離します。
驚いたのは宇多津の発展ぶり!。昔は駅前にぽつんとホテルが建ってるくらいで何も無かったのに・・・大びっくりでした。

CIMG3459


CIMG3461
そして19:11、26Mは無事岡山に到着しました。3時間近くお世話になった8000系とお別れし新幹線ホ~ムへ~。

CIMG3462
岡山からは19:23発のぞみ47号で博多へ。1月当時の時刻で、今はちょっと変わってる様ですね。

CIMG3466


CIMG3467
およそ1時間40分で博多着、九州に入ると何か安心します。

そして博多からは21:23発つばめ347号に乗車して~

CIMG3468
22:13、無事熊本に帰還して今回の旅が終了しました。2日間乗りっぱなし、楽しかったです。

CIMG0003
これが使用した四国フリ~きっぷ。JR四国は検札徹底してますね、特急料金絶対取り逃さんぞと言う姿勢が伺えました。

1月末でしたのでまだコロナ自粛も無く、自由に行けてた頃でした。まさか今こんな状況になるとはですね。
阿佐海岸鉄道はまた行きたいです。ただまたあの超長い牟岐線乗らないといけないのが気の滅入りポイントですが~(笑)。
松山~岡山のしおかぜも長いですね~(-_-)松山から広島に逃げる案構築したい所です。

まぁ、これで四国は当分いいかな(笑)。

長々綴って来た「ぐるっと四国2020」、御覧頂きありがとうございました。

皆様こんにちは。今年の大型連休は家でじっとしてるしかなさそうですね。まぁ私は積ガンプラが山程ありますので退屈する事無いですが(笑)。

何かもう撮り鉄すら自粛迫られてる気がするので、今日は四国を~。

CIMG3441
14:47、松山からの1065D宇和海15号が宇和島に着きました。さっすが安コンデジ、肝心な時ピント外す(-_-)。

CIMG3442
僅か9分で折り返し1070D宇和海20号になり、これに乗車して松山まで行きます。乗車率は半分無いくらいでしたかね。

CIMG3444


CIMG3445
海のそばを走ってる割には以外~と海が見えないこの区間。僅かに見えた海にシャッタ~。
八幡浜に向って険しい山越えが続きますが、全く苦にせずガンガン登って行く2000系の頼もしい事がですね(笑)。

CIMG3446


CIMG3448
伊予大洲が近づき肱川を渡ると、遙か遠くに大洲城が見えます。
5年前に車で来た時は、画面左下の辺りで水道をちょっと拝借して、撮影の合間洗車してました(笑)。

大洲を過ぎると松山までは30分程。途中新しく作られた松山運転所も見えました。

そうして16:18、1070Dは松山に着き、松山16:27発の26Mしおかぜ26号に乗り換える訳なんですけど・・・

CIMG3449
松山は26Mに乗る人でこの行列!。やっぱりなぁ・・・今回の計画でここが一番混雑するだろうと予想してましたが大当たりでした。
まぁ何とか座れましたけど、日曜夕方の上りはさすがに多く、この後も続々乗客が乗り込み車内すし詰めでの発車でした。

CIMG3452


CIMG3453
26Mは快調に走り、菊間付近では車窓に瀬戸内海。

ん~いいですね。

26Mは17時過ぎに今治に着くんですが、驚いた事に今治で大量下車があり一気に車内がスカスカに。なるほどそういう動線になっているんだなぁと初めて知りました。
実際に行ってみないと分からない事を知る、これも旅の醍醐味ですね。

CIMG3454
だいぶ日も傾き、薄暗くなって来ました。しかし終点岡山まではまだちょっとあります。

と言う事でぐるっと四国2020、次回が最終回です。



皆様こんばんは。昨日は楽しかった~~(笑)。

今日は四国を行ってみましょう。


CIMG3418
2071D特急あしずり1号で中村に着き、僅か2分の乗り換え(11:32着→11:34発)で土佐くろしお鉄道宿毛線に初乗車。宿毛行き615Dに乗り換えます。
中村を出るとすぐに四万十川を渡ります。

CIMG3419
日本最後の清流とテレビなんかでも盛んに取り上げられるので、どんだけきれいなのかと平成3年頃に宇和島からレンタカ~で巡った事があります。泳いだりもしました(笑)。

で、その時四万十川の水と小指の先程の小石をいくつか集めて東京に持ち帰り、お弁当のお醤油を入れる魚の形の容器ありますよね、あれに水を入れて小石とセットで小袋に入れた物をいくつか作り、「四万十川のおみやげ」と職場の同僚に配ったんですが、今いちその価値を理解してもらえなかった思い出があります(笑)。

CIMG3420
宿毛線は元々国鉄宿毛線として昭和49年に着工されたものの、当時の国鉄再建法により赤字が見込まれる路線と言う事で昭和56年に建設が中止されました。その後昭和61年5月に土佐くろしお鉄道が発足すると、翌62年から工事が再開され、平成9年10月に開業しました。

CIMG3422
中村線からの特急乗り入れを前提として建設された為規格が高く、路線は120㎞/h対応、高架区間が非常に長く踏切も少ないです。近年の建設だけあって、ロ~カル路線らしからぬ光景になってますね。

画像の平田から次の東宿毛までは7㎞近くあり、長~いトンネルを走るのもお初の経験でした。

CIMG3423
中村を出てちょうど30分、宿毛に着きました。手前のかわいいラッピングのが乗って来た列車です。

CIMG3424
ラッピング車しか無いのかな(笑)。よく分からないです。

CIMG3426
外に出て宿毛駅を眺めます。

ん~~


何も無いな(-_-)。

(笑)


CIMG3427
まぁ何も無いのは事前に分かっていたので、朝徳島を発つ前におにぎりやパンを大量に買い込んでおきました(笑)。なので無問題~。

宿毛から宇和島に行きますが、鉄道は無いのでバスに乗ります。続きは次回で~。

皆様こんにちは。転売屋のせいにしてますが、転売屋が買い占めてるからなんてレベルじゃないと思うんですけどねこのマスク不足は。マスク増産する様業界団体に促したなんて全然甘い。いじめっ子に先生が「いじめをやめろ」と一言言って解決したつもりになってるのと同レベル、何の解決にもなってないと思います。

しっかしさすが鉄ヲタのPC、「かいけつ」を変換すると「解結」が真っ先に出て来ます(笑)。

何も無いので四国の続きを。

CIMG3402
31D南風1号は順調に歩を進め高知県へ。驚く事に山越えした先の高知は、雨だった徳島と一転晴れ!しかもすんごい暖かい。

なるほどそりゃぁプロ野球球団がキャンプしに来る訳だなぁと一人納得(笑)。

CIMG3403
そんな感じで31Dは定刻に終点高知着。対向にめっちゃきれいなキハ32が居たので一枚。

高知は平成3年以来何と29年ぶりです。当時は地上だった駅も高架となり、駅前もきれいに整備されて風景が一変してました。本当は降りてとさでん乗りに行きたい所ですが~今回はお預け(-_-;)。

CIMG3404
でもってここからは2071D特急あしずり1号に乗車し中村まで行きます。

CIMG3406
わざわざ対向まで行ってあしずりを撮影。高知でしか見れないこの列車、九州人にとっては貴重な光景です。

CIMG3405
後はNが付いていて、こっちの左側の前から5列目くらい(笑)に乗車しました。

CIMG3409
2071Dは9:53に高知を出発。須崎を過ぎた頃から車窓には太平洋が。海が見える列車旅は良いですね、大好きです。

CIMG3410


CIMG3413
崖みたいな所や長いトンネル等、窪川に近い土讃線のこの辺りは結構すごいですね。線形厳しいはずなのに難無く超えて行く2000系はさすがです。

CIMG3417
そして高知を出て1時間39分、終点中村に着きました。
本当はもっと中村の写真撮りたかったんですけど、乗り継ぐ列車との接続が2分しか無く、これ一枚撮るのがやっとでした(T_T)。

この後は宿毛を目指します。

最近はお会いする方々から、四国の記事毎回楽しみにしてますとよく言われて非常に嬉しいです。まだしばらく続きますので、今後もご贔屓にした頂ければ幸甚です。




皆様こんにちは。マスク売って無いのに何で皆さんマスクしてるのかが不思議です。

何も無いので四国の続きを~。

CIMG3380
4001Dで阿波池田に到着すると、対向に2004Dしまんと4号・34D南風4号が来ました。

CIMG3392
4灯でいいですね~2000系かっこいい。

CIMG3382
2分停で発車、後追いでこっち顔も。やっぱり2000系見ると四国に来たなぁと実感します。

CIMG3387
暇なので乗って来た4001Dのキハ185も。
熊本では地震で豊肥線が不通になって以後、キハ185はA列車でしか見る事が無くなりました。また赤いキハ185が肥後路を行く姿を見たいものです。

CIMG3390
そうこうしてる間にこれから乗車する31D南風3号が来ました。コンデジ画にしては良い感じに(笑)。

CIMG3394
阿波池田を8:29に発ち、一路高知を目指します。連休なのに車内はがらがらで自由席移動し放題(笑)。
土讃線一の景勝地、大歩危小歩危の渓谷を眺めながらの旅。旅してる感存分で良いです。

CIMG3397


CIMG3398


CIMG3400
肥薩線の様な景色が続き、渓谷を縫うように走ります。重機なんかろくに無かった時代によくこんな険しい所に線路敷いたなぁと、先人の偉業に感心するばかりです。

続きは⑧にて~。

↑このページのトップヘ